カフェ店舗改修工事


弊社本社敷地内の一部建物を古民家風カフェに改装しました。 (建物は幕末の勤皇家・北畠治房男爵が明治期に隠棲していた屋敷の一部) 左上の建物をメイン客席と厨房に右上の建物を個室客席に改装しました。

右の写真の建物は、厩(うまや)に使われていた建物で、これをトイレと倉庫に改装しました。

明治時代に建てられた建物なので、いろいろと手間がかかり、苦労しました。

耐震性も考慮し、化粧筋違いをたすき掛けに入れました。

外壁の一部には桧板鎧張り仕上げとなっています。

外壁には土壁を塗り、土塀と素晴らしく調和しています。

客席に大きな窓(強化ガラス)を設け、母屋と庭園を客席からパノラマのように見れるように考慮しました。

店内は古民家風に落ち着いた空間に仕上がりました。限られたスペースの中でうまくまとまっています。

カウンター横の衝立は明治時代から母屋にあった格子を店長のアイデアで使いました。 古民家風にぴったりマッチしています。

個室 写真の左側は増築しています。 床は縁なしビニル畳、天井は竿縁天井、壁は杉腰板張りにジョリパッド仕上げです。 「社長、店長、会長、工事部と皆でアイデアを出し会って満足のいくカフェに仕上がりました。」

女性トイレ 手洗い器には信楽焼伝統の風合いを表現した炎色(ひいろ)ビードロ釉を使用しています。

ページ上部へ戻る